[PR]

 静岡県小山町で3月、「アポ電」と呼ばれる不審電話の後に起きた強盗事件で、県警は自称神奈川県厚木市の造園会社勤務、近藤良太容疑者(20)を強盗致傷と住居侵入の疑いで、同県平塚市の無職少年(19)を強盗の疑いでそれぞれ逮捕し、23日発表した。認否を明らかにしていない。

 県警によると、2人は共謀して3月16日午前4時50分ごろ、小山町の70代の女性宅に侵入して金庫内にあった現金約100万円を奪い、その際に女性の顔に布団を押しつけるなどしてけがをさせた疑い。女性は当時一人暮らしで、自ら110番通報した。少年が3月19日に御殿場署に出頭してきたという。

 県警によると、事件前日の15日の午前中、息子を名乗る人物から女性宅に「100万円足りない。なんとかならないか」などと資産状況を尋ねる電話があったという。近藤容疑者と少年は知人とみられ、県警は電話をかけた人物と2人の関係なども調べる。