[PR]

 「オーシャンズ11」が宝塚歌劇の舞台にかえってきた。天才詐欺師ダニー・オーシャンが10人の仲間を率い、ラスベガスのホテル王の金庫を破る活劇。宙組トップスター真風(まかぜ)涼帆(すずほ)と、2番手の芹香(せりか)斗亜(とあ)が、新人時代から8年ぶりにそれぞれ同じ役に挑み、絶妙の呼吸で痛快な物語を引っ張っている。フィナーレでは、初舞台を踏む105期生のラインダンスもあり、爽快な仕上がりとなっている。

 大ヒットしたハリウッド映画をもとに、脚本・演出の小池修一郎が2011年、世界初ミュージカル化。柚希(ゆずき)礼音(れおん)主演の星組で上演された。13年には蘭寿(らんじゅ)とむ主演で花組が再演。今回が6年ぶり3度目の上演となる。

 真風と芹香は、星組時代の新人公演でダニーと、相棒役ラスティーにそれぞれ挑戦。8年の時を経て、本公演で同じ役を演じる巡り合わせとなった。

2人だからこそ出せる魅力とは。初舞台を踏んだ105期生のラインダンスの様子も紹介します。

 「ダニーはただ単に大人で格好…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら