[PR]

漫画偏愛主義

「利益出せ 納期を守れ 早(は)よ帰れ」。帯にある文句が心に刺さる。働き方改革だ、残業するなと言われても、仕事が減るわけでなし…というわけで。「僕たちはもう帰りたい」だ。

 「年齢も、性別も、立場も異なるけれど ただ一つ同じ願いを持つ、人々のお話」。「もう帰りたい」という名のバーには、魔女のような雰囲気をまとったママがいる。日々の仕事に疲れた人がふらりと訪れると、時にママは予知能力があるがごとくにアドバイスをくれる。「みんなあんたに謝って欲しいワケじゃない 家族も社員もあんたの話が聞きたいんじゃないのかい?」「何でもかんでも大切だと勘違いしてたら そりゃあ忙しくもなるだろうね」。そのセリフが、あとからじんわり効いてくる、そんな物語だ。

 ムチャぶり上司に振り回される…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも