[PR]

 埼玉県川越市の丸広百貨店川越本店の屋上にある遊園地が、9月で閉鎖されることになった。運営するバンダイナムコアミューズメント(東京)が調べたところ、屋外定置式の代表的な大型動力遊具である観覧車、エアプレーン、ミニモノレールがそろった常時営業の「デパート屋上遊園地」は全国でここにしか残っていないといい、惜しむ声が上がっている。

 観覧車などの「3点セット」やバッテリーカー、ミニ列車などがある屋外と、クレーンゲーム機など数十台がある屋内ゲームコーナーからなる「わんぱくランド」(計約1450平方メートル)。丸広本店開業から4年後の1968(昭和43)年のオープン以降、ほとんど姿を変えていない。現在も子ども連れらに人気で、週に平均約1万2千人が訪れるが、来年から数年かかる見込みの建物の耐震化工事のため、9月1日で営業を終えることになった。

 バンダイナムコによると「今も採算は悪くない」が、一度撤去してしまうともう屋上サイズの大型動力遊具を作っているメーカーがなく、保守運行のノウハウを持つ社員も丸広の担当以外にほぼいないため、再開はできないという。

 全国約260カ所で施設内のゲームコーナーなどを運営している同社の前身の一つであるナムコは、64年前にデパートなどの屋上遊園地の運営会社として創業。デパート屋上遊園地は全国的に激減しており、社内にも閉鎖を惜しむ年配の社員がいるという。

 半世紀以上も市民に親しまれてきた遊園地。高さ約11メートル、直径約9メートルで、色とりどりのゴンドラ8台が回る観覧車には「ピンク色に乗ったカップルは結ばれる」という川越限定の「都市伝説」も長く伝わる。

 市内の主婦神山(こうやま)清…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら