[PR]

 スマートフォンでQRコードを読み取って店頭で支払いできるサービスを、銀行など金融機関が主導して10月にも始める。ペイペイやラインペイなどIT企業主導の決済サービスが広がるなか、利用者の預金口座を持つ金融機関の強みを生かし、巻き返しを図る。

 新サービスの名称は「Bank Pay(バンクペイ)」。利用者はまず自分のスマホで専用アプリをダウンロードし、口座番号などを登録。本人確認の手続きを終えれば、加盟店でスマホを使ってQRコードを読み取ったり、スマホ内のQRコードを店側に示したりして買い物できる。代金は買い物のたびに預金口座から引き落とされる。

 サービスを始めるのは、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行など主要行や地方銀行。各行が加入する「日本電子決済推進機構」が運営する。信用金庫なども加わり、参加行は1千社以上になる見込みだ。

 新サービスでは、キャッシュカ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら