[PR]

 終電を逃した時や出張など、宿での滞在時間が短い場合に助かるのが割安なカプセルホテル。ただ、最近は寝心地や内装にこだわった施設の新規出店が増え、「簡易宿所」の数を押し上げている。

 旅館業法は「宿泊する場所を多数人で共用する」施設を簡易宿所と定める。カプセルホテルのほかにユースホステル、ペンションなどが含まれ、厚生労働省の調査によると2017年度の施設数は3万2451と4年前と比べて約27%も増えた。同時期にホテルは約6%増、旅館は11%減と簡易宿所の伸びが突出している。

 カプセルホテルのベッドを製造しているコトブキシーティング(東京)では、1991年をピークに減少傾向が続いていたベッドの出荷数が2011年以降に増加に転じた。16年には11年の約5倍に急増し、17年には過去最高を記録したという。

 カプセルホテルの新規出店で目…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら