[PR]

 23日午前7時15分ごろ、千葉県木更津市江川の県道交差点の横断歩道で、登校中だった市立岩根小学校3年の女児2人が軽乗用車にはねられた。このうち近くに住む安藤音織(ねおり)さん(8)が全身を強く打って死亡し、別の女児(8)が重傷。現場からブレーキ痕が検出されず、車は赤信号で進入したとの目撃証言がある。県警は、前方不注意が原因とみて調べている。

 県警は、車を運転していた同市請西東5丁目の自称アルバイト高山登容疑者(49)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、同致死容疑に切り替えて調べている。高山容疑者は「ぼーっとしていた。信号を見落としてしまった」といった供述をしているという。

 事故は片側2車線の県道と市道が交わる十字路交差点で発生。県警によると、女児2人は横断歩道を渡っていて右から来た高山容疑者の車にはねられた。押しボタン式の信号機があり、目撃者は「車側の信号が赤だった」と証言しているという。

 現場は陸上自衛隊木更津駐屯地の東約500メートル、岩根小の南西約1キロの住宅街にあり、通学路だった。岩根小や近所の住民によると、女児2人は1年生の時から同じクラスで、家が近いため普段から一緒に登下校し、放課後は互いの家で遊ぶ仲だった。安藤さんは絵を描くのが好きで、勉強も得意だったという。

 同級生の女児(8)は「安藤さんは物知りで、いつもいろんな国のことを教えてくれた。もっともっと生きてほしかった。悲しい」とうつむきながら語った。安藤さんの親族の男性は「こんなことになって、かわいそう」と涙を流した。岩根小の唐鎌勲(からかまいさお)校長(56)は「幼い命が奪われ、非常に強い憤りを感じている」と話した。