[PR]

 囲碁の井山裕太四冠(29)は23日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で打たれた第44期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)の準決勝で一力遼(いちりきりょう)八段(21)に敗れた。碁聖戦の挑戦を逃したため、七大タイトル戦の挑戦手合への連続出場記録は「29」で途絶えることになった。

 七大タイトルは名人、棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段。いずれもタイトル保持者と挑戦者が七番勝負か五番勝負で対戦する挑戦手合制。井山四冠は2015年夏の本因坊戦から今春の十段戦まで4年間にわたり、すべての挑戦手合に出場。自身の持つ最長記録を「28」まで伸ばしていた。

 今後、5~7月にある本因坊の防衛戦に挑み、連続記録は「29」になる見込みだが、例年6~8月に行われる碁聖戦への挑戦を逃したため、記録更新は不可能となった。

 一力八段は許家元(きょかげん)碁聖(21)と並んでポスト井山世代の筆頭格と目される実力者。対局後、井山四冠は「ここまで続けてこられたのがちょっと信じられない。励みにしていた記録なので残念ですが、いつかは途切れると思っていたので仕方ないですね」と話した。(高宮正尚)