写真・図版

[PR]

 大型連休も終わり、汗ばむ季節がやってきた。この時期、暑い夏への備えとして専門家が勧めるのが、いい汗をかくための汗腺トレーニング。じつはいい汗はにおいがほとんどしない。汗腺を鍛えることがにおい対策にも熱中症の予防にもなるという。

 汗や体臭を専門とする五味クリニック(東京都新宿区)の五味常明院長によると、いい汗とは「限りなく水に近い汗」。小粒でサラサラ。無味無臭で乾きやすい。

 もともと人が汗をかくのは体温調節のため。蒸発する汗が皮膚の熱を奪い、体温を下げる。100ミリリットルの汗で体重70キロのひとは体温を1度下げることができる。夏場に真価を発揮する冷却装置だ。

 「しかし、現代人の汗はしょっぱくて、べとべとしがち。大粒で流れ落ちてしまう無駄汗が多い」と五味さんはいう。

 なぜか。汗の素材は血液の液体…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら