[PR]

 沖縄都市モノレール社と県、那覇市、浦添市などは22日、車内混雑の解消に関する会議を開き、沖縄都市モノレール(ゆいレール)の車両を現行の2両編成から3両編成に更新するなど、輸送力増強の方針を確認する。複数の関係者が19日、明らかにした。意見がまとまれば、玉城デニー知事や城間幹子那覇市長らが25日に上京し、政府へ支援を要請する。

 ゆいレールの1日平均乗客数は、2003年度に開業した当初の約3万2千人から、18年度は5万2355人と増加を続けている。今夏に開業予定の石嶺-てだこ浦西駅までの延伸などで、1日約1万人の増を見込んでおり、さらに混雑する。年間では18年度の1905万人から2270万人への増加を見込んでいる。

 22日の会議では、延伸開業の直後は、現行の2両編成のままダイヤ増加で対応することを確認する。那覇空港の第2滑走路の使用開始などで、数年後にはさらに需要が伸びると予測しており、将来的に3両化が必要との意見で一致する見通しだ。

 モノ社の運行する現行の車両は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら