[PR]

 大相撲春場所千秋楽の優勝インタビューで三本締めをした横綱白鵬に対し24日、日本相撲協会が懲戒処分の中では最も軽いけん責処分を下した。三本締めが規程に違反していると判断した。

 協会のコンプライアンス規程では「土俵上の礼儀、作法を欠くなど、相撲道の伝統と秩序を損なう行為」を「違反行為」と定めており、有識者でつくるコンプライアンス委員会(青沼隆之委員長=元名古屋高検検事長)が議論し、八角理事長(元横綱北勝海)に懲戒処分として、意見を答申していた。

 白鵬は一昨年九州場所の優勝インタビューで万歳三唱をしたなどとして、理事会から懲戒処分ではない厳重注意を受けていた。