[PR]

 トランプ米大統領にちなんで名付けた地域を、ゴラン高原につくりたい――。イスラエルのネタニヤフ首相が23日、そんな構想を明らかにした。ゴラン高原へのイスラエルの主権を承認したことの感謝の印として、近く政府に提案する方針だという。

 ネタニヤフ氏は同日、ユダヤ教の祭日を利用して、家族とともにゴラン高原を訪問。公開した動画でネタニヤフ氏はゴラン高原で風に吹かれながら笑顔を浮かべ、「すべてのイスラエル人は、トランプ氏の歴史的な決断に深く感銘を受けた」とし、構想を打ち出した。動画は26秒間で、ユーチューブで公開された。ネット上では早くも、地域名を予想するコメントなどが相次いでいる。

 ゴラン高原はシリア領だが、1967年の第3次中東戦争でイスラエルが占領し、81年には一方的に併合を宣言した。国際社会は占領を認めてこなかったが、トランプ氏は今年3月、歴代政権の方針を覆してイスラエルの主権を承認した。ゴラン高原には2万人以上のユダヤ人入植者が住んでおり、人口の半分近くを占めている。(エルサレム=高野遼)