【動画】ロシア沿海地方のコジェミャコ知事が公式インスタグラムにあげた金正恩・朝鮮労働党委員長歓迎の様子
[PR]

 ロシアのタス通信は24日午前、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長が特別列車でロシア側に入ったと報じた。同日午後、プーチン大統領との会談が予定されているウラジオストクに到着する見通し。25日にある会談では、北朝鮮の非核化問題や両国の経済協力が主な議題となる見通しだ。

 北朝鮮の朝鮮中央通信によると、特別列車には、2月末にハノイで開かれた米朝首脳会談に同席した李容浩(リヨンホ)外相や崔善姫(チェソンヒ)第1外務次官らが同乗している。正恩氏は米朝交渉の状況の詳細について、プーチン氏に伝え、支援を求めるとみられる。一方、米朝交渉を主導してきた金英哲(キムヨンチョル)・党副委員長の同行は伝えられていない。会談が不調に終わった責任を問われているとの見方がある。

 ロシアは国連安保理制裁の緩和に向けた協力を表明し、核問題を巡る多国間協議の必要性を訴えるとみられる。

 ロシア沿海地方政府によると、正恩氏は24日午前、国境近くのハサン駅で途中下車。出迎えた知事らに対し、「訪ロはこれが最後ではなく、初めの一歩に過ぎない」と話したという。タス通信によると、正恩氏は父の故金正日(キムジョンイル)総書記も訪れたことのある、駅近くの「ロ朝友好の家」を訪問した。ウラジオストク市内では路線バスが駅付近への乗り入れを取りやめるなど、警護のためとみられる措置がとられている。駅前には、両国の国旗も飾りつけられた。(ウラジオストク=石橋亮介、鈴木拓也、武田肇)