[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長が仮想通貨ビットコインに個人で投資し、1億3千万ドル(約145億円)余りの損失を出していたと、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が23日報じた。孫氏はビットコイン相場が最高値に近づいていた2017年の終盤に投資し、相場が急落した18年初めに売却したという。

 複数の関係者の話としてWSJが報じたところでは、ソフトバンクが17年に買収した資産運用会社の共同会長で、ビットコイン投資家として知られるピーター・ブリガー氏が孫氏に投資を勧めた。孫氏の投資額は不明だが、ビットコイン相場はすでに年初から10倍以上高騰していたという。

 WSJは「総資産190億ドルと推計される孫氏にとっては痛くもかゆくもない損失だろう」としつつ、「忍耐強く先見の明のある投資家という評判には傷がつきそうだ」と皮肉った。(ニューヨーク=江渕崇)