[PR]

 光をほぼすべて吸収する新型の「暗黒シート」を、産業技術総合研究所などが開発した。吸収率は99・5%以上。柔軟で曲げることができ、耐久性も高い。「究極の黒」が求められる美術作品や、光の乱反射を抑えた高性能な望遠鏡などに活用できそうだという。

 このシートはシリコンゴム製。産総研によると、微細加工技術で表面に高さ数十マイクロメートルの凹凸を無数につくってあり、光が凹凸で反射するうちにくぼみの中に閉じ込められてしまう。市販の黒いゴムシートは光を反射して白っぽくみえるが、このシートは紫外線や可視光、赤外線の99・5%以上、熱赤外線の99・9%を吸収するという。

 暗黒シートは世界で開発競争が進んでおり、可視光の吸収率ではカーボンナノチューブ製のものが上回っている。今回のシートの吸収率は、熱赤外線では世界最高水準。熱源を可視化するサーモグラフィー(温度測定器)に使えば、乱反射を抑えられるため、画像がより鮮明になるという。

 産総研の雨宮邦招研究グループ長は「ゴムなので柔軟性があり、曲げても触っても粘着テープではがそうとしても性能が劣化しないところも、カーボンナノチューブ製よりすぐれている」と話している。

 シートの詳細は、英王立化学会の専門誌「Journal of Materials Chemistry C」(https://doi.org/10.1039/C8TC06593D別ウインドウで開きます)に掲載された。(杉本崇)