[PR]

 旧優生保護法の下で不妊手術を強制された被害者の救済法が24日、成立した。旧法の成立から71年。「不良な子孫の出生防止」の大義名分で、子どもを持つ未来を奪われた被害者は、救済法に一定の評価をしつつも、救済内容が不十分だとして「人権回復に向けた一歩にすぎない」と厳しい目を向けている。

 「全会一致で法案は可決されました」。24日午前、参院本会議で救済法が成立すると、傍聴席にいた宮城県内の60代の女性原告の義姉はほっとした笑顔を見せた。隣にいた70代の女性原告も「(救済を求めてきた)20年間、本当に長かったです」と涙をぬぐった。

 義姉は取材に「ここまでやってこられたのは、弁護士や国会議員の先生たちのおかげ」と感謝しつつ、「なぜこのような障害者差別を進めてしまったのか。しっかり検証し、どう未来に生かすか考えてほしい。救済法は共生社会に向けた初めの一歩だ」と話した。

 一方、70代女性はこの日午後…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら