[PR]

 日本高血圧学会は4月、高血圧治療の指針を5年ぶりに改定した。新たに75歳未満の成人すべてが目指す降圧目標を設け、収縮期血圧130ミリHg/拡張期血圧80ミリHg未満と定めた。

 指針では、120/80未満を「正常血圧」とし、これまで「正常域」としていた130~139/80~89を新たに「高値血圧」と分類。薬による治療を始める目安となる高血圧症の診断基準は140/90以上で変わらない。

 降圧目標は診断基準とは違い、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)などを予防するために目指すべき値。高値血圧では合併症がある場合を除き、血圧を下げる薬は使わずに減塩や運動など生活習慣の改善で目指す。

 国内の高血圧患者は約4300…

この記事は有料会員記事です。残り303文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。