[PR]

 海外視察先での飲酒などが批判を浴びた北九州市議会で、自民党市議団(22人)の分裂劇があった。麻生太郎副総理兼財務相が新顔を後押しし、自民系の分裂選挙となった福岡県知事選の記憶も新しいが、今回の分裂はそれとは無縁。なぜ会派は割れたのか。

 25日に片山尹(おさむ)氏(72)以下9人が新会派「自民の会」を結成する届けを議会事務局に提出。発足は5月1日付。「新元号で大安。縁起が良いから」(片山氏)という。

 現職に自民推薦の新顔が大敗した知事選では、同党の県議や国会議員は分裂したが、市議団は党が推薦した新顔を支援。1月の市長選でも一部の反対を抑え、北橋健治市長の4選を支えた。いずれも団長を務めた片山氏がまとめた。

 市議団は05年にも議長選を巡…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら