[PR]

 日産自動車は24日、2019年3月期の業績予想を下方修正し、営業利益が前回2月時点の予想を1320億円(29・3%)下回る3180億円、純利益は910億円(22・2%)低い3190億円になる見通しだと発表した。19年3月期の業績予想の下方修正は今年2月に続いて2度目。

 売上高の予想も前回を260億円(0・2%)下回る11兆5740億円に引き下げた。前期実績に比べると、営業利益は約45%減、純利益は約57%減と大幅な減益となる。

 主力の米国市場の販売不振に加え、米国で販売済みの一部車種について無段変速機(CVT)の保証期間を5年から7年に延長することに伴うコスト増や、前会長カルロス・ゴーン被告が会社法違反(特別背任)などの罪で逮捕・起訴されたことによる販売面への悪影響が出たという。

 世界販売の3割を占める米国市…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら