【動画】会見で家族への思いを話す松永真菜さんの夫=恵原弘太郎、河崎優子撮影
[PR]

 東京・池袋で高齢男性の乗用車が暴走し、横断歩道を自転車で渡っていた松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡した事故で、真菜さんの夫の会社員男性(32)が24日夕方、東京都内で記者会見を開いた。

 男性は「最愛の妻と娘を突然失い、ただただ涙することしかできず絶望しています。寿命が尽きるまで一緒にいると信じていましたが、たった一瞬で未来が奪われました。この悔しさはどれだけ時間が経っても消えません」と話した。

 同日午前には2人の告別式が豊島区内の斎場で営まれ、親族や友人らが2人を悼んだ。

 事故は19日昼すぎ、豊島区東池袋4丁目の都道で、旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)が運転する車が約150メートル暴走して通行人をはね、松永さん親子が死亡。ほかに飯塚元院長を含む8人が重軽傷を負った。

 警視庁は飯塚元院長が運転操作を誤ったとみて、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で捜査。飯塚元院長は胸を骨折して入院しており、任意で調べている。