[PR]

 農機具メーカーのヤンマーが、岡山県倉敷市のジーンズメーカー「ベティスミス」と、デニム生地を使ったエプロンを共同開発した。ヤンマーの社員らが作業時に着用するためにつくったが、「予想以上のできばえ」(ヤンマー広報)のため、一般販売を始めた。

 国産デニム生地を使っている。首から掛けることも、腰に巻くこともできる。農作業のための工夫をこらし、下の方を折り返せば、大きめの道具や収穫した果物などを入れられるポケットにもなる。高所作業時にハサミが落下しないようストラップを取り付ける穴があるなど、デザインにはヤンマーのアイデアを多く盛り込んだ。

 もともとは倉敷市にあるヤンマーの研究開発拠点や障害者を雇用する子会社の社員らがハウス作業で使うためのエプロンとして開発した。一般販売では、「家庭菜園やDIY、料理などを楽しむ人にも広く使ってほしい」(ヤンマー広報)という。

 ヤンマーのインターネット通販サイト(https://premiummarche.com/別ウインドウで開きます)や高島屋の一部店舗で購入できる。税抜き6900円。(中島嘉克)