[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(16)が24日、第32期竜王戦(読売新聞社主催)の4組ランキング戦で高見泰地叡王(えいおう、25)に勝ち、決勝に進んだ。挑戦権を争う決勝トーナメント進出まで、あと1勝となった。

 東京都渋谷区の将棋会館での対局。振り駒で先手になった藤井七段は、得意とする「角換わり」でタイトル保持者を破った。「中盤で形勢を損ね、苦しい展開が続いた。決勝でいい将棋が指せるようにしたい」と話した。4組の決勝進出に伴い、3組への昇級も決めた。竜王戦昇級は3期連続となる。

 タイトル挑戦権に向けた戦いでは、王座戦の挑戦者決定トーナメントの1回戦で、佐々木大地五段(23)との対戦が決まっている。