• アピタル

シニアマンション破綻、老後が狂った 入居は何度も延期

有料会員記事

[PR]

 高齢者向けのサービスを売りにする「シニア向け分譲マンション」。松江市の宍道(しんじ)湖畔に新築されたマンションの入り口は、閉鎖されたままだ。2016年の完成目前に工事が中止され、施主が破産。老後の資金を投じた高齢者が入居できずにいる。事業者の破綻(はたん)は、従来の高齢者住宅でも問題になっている。

 「大きな病院がついているので安心と思ったのに」。松江市のアパートで暮らす女性(68)はパフレットを手に肩を落とした。

 JR玉造温泉駅近くの11階建てに1~2LDKが45戸。ヘルパーが24時間常駐し、レストランや源泉かけ流しの大浴場……。パンフレットでは「ドクターが考えた理想のマンション」と医師が宣伝していた。

 女性は15年7月、約370…

この記事は有料会員記事です。残り2177文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら