小出義雄監督の指導のもと92年バルセロナ五輪で銀、96年アトランタ五輪で銅メダルに輝いた有森裕子さん(52)は24日、都内で報道陣の取材に応じ、「最後に会ったのは先月の名古屋ウィメンズマラソンの時。30分くらいしゃべり放しですごく元気だったのに」と振り返った。この時には、ちょうど居合わせた高橋尚子さんらとともに写真を撮ったという。

 有森さんは「小出監督は『練習は常識を破ることが大事なんだ』と言って、未来を見ていました。けんかもしょっちゅうしましたが、そんな監督が好きだった。出会えて幸運でした」と涙をこらえながら思い出を語った。

 「ここまでよく頑張ったと思う…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら