[PR]

 同窓会を地元で開くグループに経費を助成します――。奈良県吉野町は2年前から、町内の学校を卒業した若い世代に、こんな援助を提案している。出会いの場を設けて移住定住を促し、地域経済の活性化もねらう企画だが、肝心の応募はこれまでゼロ。町は「ぜひ活用して」とPRする。

 助成の対象は、同じ学校の学級や学年単位で開く親睦会で、21~40歳の10人以上のグループだ。男女が各3割以上、独身者が全体の3割以上という条件がある。

 町内の飲食店や宿泊施設の利用も条件。参加規模による助成額は10~14人が2万5千円、15~19人3万5千円、20~24人4万5千円、25人以上6万円。

 町内在住の10人が1人5千円の予算で開催すると、1人当たりの負担は半額の2500円になる。さらにグループに町外在住者が3割以上含まれれば、助成額が2割アップする。

 吉野町を含む吉野郡内に飲食店は少なく、歓送迎会でも橿原市などへ足を延ばすケースがあり、「還暦同窓会」を対象にした町の助成には応募がある。町は、若い世代への周知不足が原因とみてPRに力を入れるという。

 助成を受けるには、同窓会の14日前までに申請書を町総合政策課(0746・39・9070)に提出する。参加予定者の名簿や収支予算書を添付。事後審査を経て交付が受けられる。(福田純也)