[PR]

 「呼吸していないみたいです」。事件は昨年3月4日午前10時、女性からの119番通報で発覚した。当時、生後2カ月の男児は身長58センチ、体重5164グラム。脳への深刻なダメージに加え、肋骨(ろっこつ)が26カ所折れていた。現在も意識が回復しない「臨床的脳死状態」で、入院が続く。赤ちゃんに何があったのか。

 群馬県高崎市の自宅マンションで男児に暴行を加えたとして、殺人未遂などの罪に問われた無職森田誠被告(33)の裁判員裁判。前橋地裁で今月15日から続いた公判では、男児の両親で、当時内縁関係にあった被告と女性の供述への評価が鍵となった。

 現場は市街地を囲む環状線に近いマンションの2LDKの1室。被告と女性は2013年ごろから同居していた。被告は女性に「俺は胃がんで働けない。余命は半年」とうそをつき、介護職の女性の収入でパチンコ通いの毎日。女性が最初に妊娠した時は、被告が出産に反対して中絶した。

 17年秋に妊娠が分かった時も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら