拡大する写真・図版 事故現場が変わっていく様子をビデオで撮り続ける上田弘志さん。「祈りの杜」が完成して初めての追悼式典を前に現場を訪れた=2019年4月12日午前、兵庫県尼崎市、遠藤真梨撮影

[PR]

 JR宝塚線脱線事故から14年になる25日、兵庫県尼崎市の事故現場で初めて、追悼慰霊式がある。多くの命が奪われ、人生が変えられた午前9時18分。現場の変容を見続けてきた男性は、亡くした息子への思いを抱え、その時間と向き合う。

 電車がマンションにぶつかったのと同じ日の同じ時刻。上田弘志さん(64)=神戸市北区=は、次男の昌毅(まさき)さん(当時18)が命を落とした現場に立つ。悲しみをこらえきれなくなるからと、その時間をこれまでは避けてきた。

 「あの時見たものが頭に浮かん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら