[PR]

 囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)は25日、ここまでともに1敗を守り、挑戦者レースの好位置につけている芝野虎丸七段と羽根直樹九段が激突する。

 昨年12月に開幕した名人戦リーグは、4月の第5ラウンドが全局の半分を消化する折り返し地点。ここまで河野臨九段が4戦全勝で首位を走り、次いで3勝1敗の芝野七段、2勝1敗の羽根九段と山下敬吾九段が追走している。

 芝野七段と羽根九段のどちらが1敗を死守して、リーグ2位につけるのか。両者負けられない1局を、朝日新聞デジタルは対局開始の午前10時からライブ中継。戦いが佳境を迎える午後3時から終局まで、首藤瞬七段が同時進行で解説する。

 もうひとりの1敗者、山下九段も同日、六浦雄太七段(1勝3敗)と対戦。この結果も朝日新聞デジタルで速報する。