[PR]

 愛知への外国人観光客は「みそカツ」と「岐阜」に魅せられている? 愛知県が行った調査で、こんな実態が浮かび上がった。リピーターの増加で、日本を再訪した外国人が「未体験」のものを探した結果、みそカツや岐阜を選んだとみられる。

 調査は、中部空港からの出発便で出国する外国人旅行者への聞き取りで実施。2015年度に開始し、4回目となる18年度は昨年11~12月に行った。1058人が回答した。

 県内で飲食したものへの問い(複数回答)で、みそカツは、手羽先に次ぐ2位にランクイン。年度によって質問項目に違いはあるが、過去の順位は15年度13位、16年度3位、17年度4位で、2位は初。回答者の国・地域別でみると、台湾と韓国、米州(米国とカナダ)、欧州で1位だった。

 県の担当者は「みそ文化のない外国の方には、みそがべったりとのったみそカツは相当ハードルが高いはず。今回の結果はリピーターが『初めて』を求めたためではないか」とみる。

 調査では、愛知への訪問回数を「1回目」とする回答が昨年度と比べて減少。「2回目」や「5回目以上」との回答が増えた。訪日回数では「5回目以上」が4割近くにのぼっており、日本を再訪した外国人が愛知へ足を伸ばし、地元の「食」に触れている姿が浮かび上がる。

 訪問先にも変化の兆しが見…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら