シリーズ:感染症

百日ぜき、乳児は重症化注意 家族はワクチン追加接種を

有料会員記事

水戸部六美
[PR]

 2~3カ月間せきが続く「百日ぜき」。昨年から始まった患者の全数報告の結果、小中学生に患者が多く、大人にも感染者がいることが明らかになった。乳児はかかると重症化しやすい。兄や姉、親など周りの人がワクチンを接種し、予防することが大切だ。

 2016年4月、宮崎市の原綾子さん(37)は、当時生後1カ月だった長女環寧(たまね)ちゃん(3)の具合が気になった。熱はないが、数日前から母乳をあまり飲まず、ぐったりしていた。最初は、風邪薬のせいだろうか、母乳の飲ませすぎだろうかと考えたが「やっぱりおかしい」と思った。

 同市の夜間急病センターを受診。体温は35度台と低いのに、心拍数は180台と高かった。医師からすぐに隣接する宮崎県立宮崎病院に行くように言われた。

 環寧ちゃんを抱きかかえて小…

この記事は有料会員記事です。残り1306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。