[PR]

 クレジットカードのVISA(ビザ)が、カードを端末にかざすだけの「タッチ決済」の導入を日本で本格化させる。すでに豪州や欧州で普及しており、東京五輪を来年に控え、訪日客らの利用もにらむ。JR東日本の「スイカ」など、先行する国内限定のタッチ決済に挑む。

 クレジットカードの決済は通常、カードを端末に差し込み、サインや暗証番号を入力する。これに対してタッチ決済は、カードを専用の端末にかざすだけで支払いが完了する。タッチ決済の機能がついたクレジットカードが必要だ。

 豪メルボルンに住む弁護士のジョン・クローカーさん(32)は、地元で「タップ」と呼ばれるタッチ決済がお気に入りだ。「コーヒーや昼食は全てタップ。小さなお店でも使える。現金は5%しか使わない」。豪州では2011年以降、大手スーパーでの導入をきっかけに急速に広まった。

 英国では12年のロンドン五輪をきっかけに広まり、現在はカードで地下鉄にも乗れる。運営会社ビザ・ワールドワイド・ジャパンによると、豪州や英国のほか、シンガポールやスペイン、イタリアなどもクレジットカード利用の5割以上がタッチ決済という。ビザは昨年の韓国・平昌(ピョンチャン)五輪では手袋型の決済デバイスを披露し、話題を集めた。

 日本でも18年末までに、タッチ決済対応のマークが入ったビザカードの発行枚数は500万枚を超えた。ただ、使える店舗はマクドナルドやローソンなどに限られており、利用店舗の拡大が普及の条件だ。

 タッチ決済の通信規格は国内と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら