[PR]

 海の事件事故を通報する「118番」。2018年に寄せられた約43万件の通報のうち、約99%が間違いやいたずらなどだった。118番は海上保安庁が00年に導入以来、無効通報の多さに悩まされ続けてきた。連休中や夏場は海の事故も増える。海保は適切な利用を呼びかけている。

 「無言や間違い電話の対応で仕事にならない。何とかならないか」。東京・霞が関の海保本庁の担当者の元には、118番の窓口となっている全国11の管区からこんな要望が毎年寄せられている。

 18年に118番通報は43万4799件あったが、海難、人身事故や情報提供は1・2%の5028件だけ。無言、すぐに電話が切れる即断、間違い、いたずらの各無効電話が98・8%を占め、42万9771件にのぼった。通報件数が約901万件(17年)の110番や約844万件(同)の119番では、無効電話はいずれも2割程度。118番の異様さが際立つ。

 海保の場合、118番通報は各管区の運用司令センターの職員が数人で受けるが、無効電話は1日平均100件以上。事件や救助で巡視船艇とやりとりしている時にも対応しなければならず、業務に支障を来すこともあるという。

 00年5月の118番の導入当初はもっとひどかった。年約5千件の有効電話に対し、無効電話は170倍にあたる約85万件(01年)。そのころ多かったのは、大手宅配会社との間違いだ。不在票に書いてある受け取り番号が「118」で始まるものがあり、電話番号と間違えてかけてしまうケースが多かったという。海保は、宅配各社に受け取り番号の先頭に「118」を使わないよう要請した。

 11年ごろには携帯電話からの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら