[PR]

 2005年に107人が亡くなったJR宝塚線(福知山線)脱線事故から14年。事故の発生とほぼ同じ時刻、現場にさしかかった快速電車は速度を落とし、追悼の警笛を鳴らした。先頭車両に乗っていた原口佳代さん(59)=兵庫県宝塚市=はハンカチで目頭を押さえた。

 「夫はここで45年の人生を断たれた。その無念さが伝わってきた」

 夫の浩志さんはあの朝、仕事前に大阪駅前の家電量販店に寄るため、開店に合わせていつもより遅めに家を出て、川西池田駅から1両目に乗り込んだ。「もっとゆっくりしていけば」。そう言っていたら事故に遭わずにすんだのに、と自分を責めた。

 「地獄」。そう言い表すほど深い孤独感。事故の4年後には、残された自分を心配して同居してくれた母もがんで逝き、2人の後を追うことさえ頭をよぎった。それでも悲しみの渦から抜けだそうと必死にもがき続けた。

 母が亡くなった2カ月後にあっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら