[PR]

 リビアの最高指導者だった故カダフィ氏のいとこアフマド・カダフダム氏(66)が朝日新聞の単独インタビューに応じ、武装組織「リビア国民軍(LNA)」の動きについて「祖国を守るために必要な戦いだ」と支持を表明し、その狙いなどを語った。

 カダフダム氏は、「(LNAの進軍は)首都から武装マフィアやイスラム過激派を掃討するのが狙いだ。政府を樹立することではない」と述べた。LNAについては「11年にNATO軍と戦った正規軍が中心で、単なる民兵組織とは異なる」とした。

 カダフダム氏は旧リビア軍将校、故カダフィ氏の特使などを歴任。「アラブの春」を受けてエジプトに逃れ、現在もカイロに滞在する。

 リビアの再生をめざす政治組織…

この記事は有料会員記事です。残り849文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り849文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り849文字有料会員になると続きをお読みいただけます。