[PR]

(25日、卓球世界選手権 混合ダブルス準々決勝)

 最後は、吉村真晴(名古屋ダイハツ)のバックハンドレシーブが相手のミスを誘った。混合ダブルスで3大会連続となる表彰台。ただ、試合後の取材エリアで25歳は泣いていた。「僕の場合は一回代表を外れていますし……」

 今回の代表メンバーに当初、吉村真の名前は無かった。リオデジャネイロ五輪男子団体銀メダリストで、前回大会はこの種目金メダル。ただ、最近は不振。日本卓球協会の幹部は「(前回大会は)48年ぶりの金メダルを日本にもたらしてくれた貢献者」と認めつつ、「この1年の成績を見た時、混合ダブルスだけで代表枠を彼に与えるのは、大変厳しい」と理由を説明した。トップ選手として、吉村真のプライドは大きく傷ついた。

 事態が動いたのは大会2週間前…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも