[PR]

 トヨタ自動車は、愛知県豊田市と岡崎市の山あいに整備中のテストコースの一部運用を始めた。欧州の山岳路を模した厳しい走行環境が特徴で、車の性能向上につなげる。2023年度の本格稼働をめざして残りの整備を進める。

 テストコースを含む研究開発施設は「トヨタテクニカルセンターシモヤマ」。東、中、西の3工区に分かれ、総面積は約650ヘクタール。投資額は約3千億円。今回完成したテストコースは中工区にあり、全長約5・3キロのカントリー路。75メートルほどの高低差があり、カーブも入り組んでいる。

 当初は車の性能を評価するドライバーら約50人が勤務し、23年度の完成時には約3300人が働く予定。豊田市の本社近くに大規模コースを設けることで、開発の効率化を期待する。

 吉田守孝副社長は「トヨタの車と人を徹底的に鍛えあげ、将来の車社会に貢献してくれるものと確信している」と述べた。