[PR]

 広島平和記念資料館(原爆資料館)が25日、本館のリニューアルを終え、約4年半ぶりに全面オープンした。被爆者の遺品展示に重点を置き、外国人被爆者について紹介するコーナーも設けるなど内容を一新。朝から多くの人が訪れた。

 広島市の松井一実市長は式典で、「被爆者一人ひとりと向き合っていただけるような展示となった。核兵器の非人道性や被爆者、遺族の苦しみ、悲しみを国内外の方々に深く理解していただきたい」と述べた。爆心地から410メートルにあり、多数の犠牲者が出た市立本川小学校(当時は本川国民学校)の児童が「ひろしま平和の歌」を斉唱した。

 開館時間の午前8時半には、数十人が列を作った。来館者は、被爆死した児童や生徒らが身につけていた服や弁当箱、被爆者の写真や日記、救護所の映像など計538点の資料に見入っていた。

 明治大院2年の生沼(おいぬま)千里さん(23)はリニューアルに合わせて訪れた。「死者の『悲しみ』というより『悔しさ』が伝わってくる。一人ひとりに人生があり、生きたくても生きられなかった人がいた。資料館で感じたことを、この先の生き方に投影していこうと思った」と話した。

 修学旅行で訪れた鳥取県倉吉市…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら