[PR]

 青森県内の桜の名所が見ごろを迎えている。25日はあいにく天気に恵まれなかったが、多くの観光客がつめかけ、本州最北端の遅い春を堪能。美しい桜に囲まれながら、プロポーズを成功させた人もいた。

 約1500本のソメイヨシノなどがほぼ満開となった同県五所川原市の芦野公園。公園内にある津軽鉄道芦野公園駅では午前9時半過ぎ、小雨が降るなか列車「走れメロス号」が「桜のトンネル」を通って入線すると、多くのファンがシャッターをきった。乗車していた愛知県西尾市の女性(74)は「天気が残念だったけど、桜の名所という感じでとてもきれいでした」と話した。

 弘前市の弘前公園では、25日までにソメイヨシノが園内全体で満開となった。オランダから来たボーター・ルロブスさん(32)は「桜がとてもきれいな場所だから」と、ガールフレンドのリンダ・エリンガさん(30)にプロポーズし、見事成功。2人とも目を真っ赤にしながら「思い出深い一日になりました」。(中野浩至)