[PR]

 障害者のテニスと言えば車いすテニスが有名だが、車いすに乗らずに立ってプレーする「立位(りつい)テニス」という新しいパラスポーツがある。初の全日本大会が19日、千葉市中央区のフクダ電子ヒルスコートで開かれる。当日は競技の普及を目指し、見学者との交流イベントが企画されている。

 大会は第1回全日本障がい者立位テニス選手権大会。日本障がい者立位テニス協会が主催する。

 障がい者立位テニスは手や足に障害がある人が立って行う競技。全日本大会は障害に応じ、四つの部門に分かれる。通常のテニスと同じコート、ルールで戦う部門もあり、より競技性を追求しているのが特徴だ。

 全日本大会には肢体障害のある…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら