[PR]

 スリランカは「安全な国」のはずだった。内戦は約10年前に終わり、いまでは観光客が増え、日本からの投資も活発になっていた。21日に起きた連続爆破テロから約1週間。現地の日本人社会には衝撃と今後への不安が広がっている。

 「ここでテロが起きるとは思わなかった」。最大都市コロンボで日本語情報誌「スパイス・アップ」を発行する神谷政志さん(36)はそう話した。テロが起きた三つのホテルは日本人が食事などでよく利用する場所だったからだ。

 事件翌日の22日になってさらに衝撃を受けた。現場の一つ、シャングリラホテルでの犠牲者に高橋香さん(39)が含まれていた。香さんの夫(39)は知人だ。「とても驚きました」と話した。

 スリランカで暮らす日本人は約800人。神谷さんは2年前に移住した。決め手は英語が通じて、親日的で、何よりも安全だからだった。「安全で事件が少ないという、この国の良さが傷つけられた」と残念がった。

 2009年5月まで内戦が約2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら