銃声や爆発音聞いたら ゴルゴ13に学ぶ海外渡航の心得

有料記事

今村優莉
[PR]

 スリランカで悲惨なテロ事件が起き、日本人女性1人を含む250人以上が犠牲になりました。海外旅行に行く際に身を守るにはどうすれば良いのでしょうか。27日から10連休が始まります。世界中で活躍するスナイパーの「あの男」のアドバイスをもとに、安全な旅の対策をご紹介します。

 外務省領事局では2017年に人気漫画「ゴルゴ13」と連携し、海外に旅行や出張で行く人向けの安全対策マニュアルを作り、公開しています。「旅行の前に現地の天気をチェックするように、安全情報も確認して」と呼びかけます。

「周囲と比べて同等以上の安全対策が出来なければ、必ずお前のところが狙われる」

 同局海外邦人安全課の佐藤大輔課長補佐によると、海外で日本人が巻き込まれた犯罪被害のうち、9割はスリなどの窃盗です。こうした被害は、ちょっとした意識や行動で大きく減らすことが出来るといいます。犯人にとって狙いやすいのは「周囲よりも警戒心がなさそう」な人です。歩く時はたまに後ろを振り返ったり、常にバッグを前にして持ったり、周りの人よりも「狙いづらい」存在になる工夫を心がけましょう。スマホに夢中になって歩くのはご法度です。夜の外出は避け、必要があって出歩く時は、複数で行動しましょう。

 フランスイタリア、ベルギ…

この記事は有料記事です。残り1638文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント