[PR]

 美容目的の豊胸でジェル状の充塡(じゅうてん)剤を使った女性にしこりや感染などの健康被害が相次いでいることを受け、美容医療に関わる団体が25日、「非吸収性充塡剤」と呼ばれる素材を豊胸目的に使うべきではないとする共同声明を発表した。

 声明を出したのは、形成外科医らでつくる日本美容外科学会(JSAPS)、日本形成外科学会、美容クリニックの医師らが所属する日本美容外科学会(JSAS)など4団体。

 充塡剤による豊胸は国内では1940年代後半から始まったとされる。水などと違って体に吸収されにくい化学物質を管状の器具で乳房に注入する。かつてはジェル状のシリコーン、最近ではポリアクリルアミドなどが使われている。

 乳がんの手術を受けて乳房を再…

この記事は有料会員記事です。残り226文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り226文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り226文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら