[PR]

 警備会社大手セコムなど4社は4月25日、人工知能(AI)や次世代の高速移動通信方式5Gを使った「バーチャル警備システム」を開発したと発表した。2020年春の実用化をめざす。

 鏡のパネルに立体的なアニメーションの警備員を表示するもので、人手の不足を補う狙いでオフィスビルなどに配置する。AIが画像や音声を認識し、5Gで通信。別室で集中的に監視する。必要になれば、本物の警備員が駆けつける。

 警備のほかに、訪問客の用件を担当者につなぐこともできる。今後、セコム本社に置いて検証作業を進める。

 現在、警備の費用は1カ所あたり24時間で月100万~200万円。このシステムなら半額程度に引き下げられる見込みという。