【動画】東京拘置所を出るカルロス・ゴーン被告=小玉重隆撮影
[PR]

 保釈後に再逮捕された日産前会長カルロス・ゴーン被告について、東京地裁は改めて保釈を認めた。前会長の事件で、検察の主張がそのまま認められなかったのは、勾留延長の請求と合わせて4回目になる。証拠隠滅の可能性を厳密に検討し、裁判準備の必要性も考慮するという裁判所の姿勢が鮮明になった。

 「裁判所は『人質司法』という言葉に完全にひよっている。こちらが何を言ってもどうにもならない」「これだけ証拠隠滅の恐れを立証できたのに保釈された。刑事司法の崩壊だ」

 検察幹部らは口々に不満を示した。だが検察内では「もはや想定内」という受け止めも広がっている。

 長く「特捜部と二人三脚」とも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら