[PR]

 北海道電力は25日、真弓明彦社長(64)が代表権のある会長に就き、後任に藤井裕副社長(63)が昇格する人事を発表した。昨年9月の北海道胆振東部地震に伴う大規模停電(ブラックアウト)の再発防止策に一定のメドがついたと判断した。真弓社長は「新たな体制で新たなスタートを切る」と述べ、経営責任は改めて否定した。(長崎潤一郎、今泉奏)

後任 藤井副社長が昇格

 6月26日の株主総会をへて決定する。社長交代は2014年9月以来、4年9カ月ぶりとなる。

 真弓氏はこの日の会見で、2月…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら