少し残したコンビニ弁当に父激高 虐待で息絶えた幼い弟

有料記事

伊藤舞虹
[PR]

 親による子どもへの体罰を禁止する児童福祉法等改正案が6月中旬にも成立する見通しになりました。「しつけ」と称した子どもの虐待事件が後を絶たないことから、子育てに暴力を使わない社会を目指す狙いがあります。しかし、体罰がしつけの一環として容認されてきた日本では、体罰禁止の法制化に疑問を感じる人もいます。そもそも、なぜ体罰はだめなのでしょうか。

 自身の虐待経験をブログにつづる東京都の橋本隆生さん(40)=活動名=は、父親と継母から深刻な体罰や暴言を受けて育った。

 4歳の時に両親が離婚。二つ年下の弟と一緒に、父親に引き取られた。体罰が始まったのはその頃。「飯を残すな」「人の顔色をうかがうな」。ささいな理由で毎日のように殴られた。父の言い分はこうだった。「こういうことをするのは、お前たちにしっかり生きてほしいからだ」

 ある日、弟が少しだけ残した夕飯のコンビニ弁当をごみ箱に捨てた。気づいた父は激高し、弟の顔を何度も殴った。

 ぐったりした弟は風呂場へ連…

この記事は有料記事です。残り1548文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント