写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 南の副都心として発展著しい仙台市太白区の長町駅周辺。多くの人が行き交い、暮らす町の下に貴重な遺跡が数多く眠っている。

 マンションの谷間に広がる針葉樹の木々を抜けて、「地底の森ミュージアム」を訪ねた。この一帯から見つかった富沢遺跡を保存展示している。旧石器時代のたき火と森林の跡を同時に見ることができるのは、世界でもここだけだ。

 遺跡が見つかったきっかけは地下鉄の開通。人口が増え、新たな小学校をつくるためだった。1988年の調査で近世~縄文時代の水田跡が見つかり、さらにその下から世界的にも貴重な発見があった。

 どうして木が2万年もの時を超…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら