[PR]

 祖父を暴行して殺害したとして、大阪府警は26日、大阪府茨木市の男子高校生(16)を殺人容疑で逮捕し、発表した。男子高校生は「生活態度を注意され、腹を立てた」と説明し、「殺意はなかった」と容疑は否認している。

 茨木署によると、逮捕容疑は25日午後5時40分ごろ、自宅で祖父(75)の胸を数回殴り、もみ合って倒れた後も足で蹴るなどの暴行を加え、殺害したというもの。男子高校生は直後に自ら119番通報。祖父は病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された。当時自宅には男子高校生と祖父の2人しかいなかった。