[PR]

 タイの振り込め詐欺の拠点とみられる住宅で3月、日本人の男15人が不法就労の疑いでタイ警察に逮捕された事件で、このグループが関与した疑いのある詐欺被害が東京都内で少なくとも8件確認され、警視庁は26日、詐欺容疑などを視野に捜査を始めることを決めた。警視庁は今後の捜査で容疑を固めた上で、男らを日本に移送し、調べを進めて事件の全容解明を目指す。

 捜査関係者によると、タイ警察からの情報などをもとに日本の捜査当局が調べたところ、都内のほか神奈川県、九州など全国でグループが関与した疑いのある被害が確認されたという。警視庁は他県警などとの連携も検討する。

 警視庁捜査2課によると、電話番号の捜査などから、男らが都内の30~60代の男女8人から3千万円超をだまし取った疑いがあることが判明。2月上旬には板橋区の50代の女性会社員が「有料サイトの未納料金がある」とのメールを受け、記載の電話番号に電話をかけると、「違約金を払う必要がある」などと言われ、電子マネーカード210万円分を詐取されたという。

 タイ警察は3月29日、タイ中…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら