[PR]

 TOTO(北九州市)は中国市場で苦戦し、温水洗浄便座「ウォシュレット」の販売台数が前年割れとなった。

 かつて訪日中国人が爆買いすると注目された商品で、知名度もうなぎ登りだったが、知的財産侵害のものも含め、現地企業などから類似品が多く出てきたほか、中国の大都市部で高級マンション建設が大幅に減り、得意とする高価格品の販売低迷が響いた。

 中国市場の影響から、2019年3月期決算は売上高が前年比1.0%減の5860億円、純利益が同12.0%減の323億円だった。